ブログ

TCB脱毛【クイックとオーダーメイドの違い】5選!どっちがおすすめ?

TCBで脱毛を始めよう!と思ってもどの方法で始めればいいか悩みますよね。そこで【クイックとオーダーメイドの違い】を知って、自分に合った脱毛方法を見つけられるようにそれぞれの違いを紹介していきます。

結論👇

私のおすすめはオーダーメイド脱毛です!理由は、好きな脱毛部位を選べたり効果を早く実感できたりとメリットが多いからです。では、それぞれの特徴や違いを詳しく説明していきますね。

TCBの選べる脱毛

クイック脱毛とは

蓄熱式脱毛器を使って、レーザーを重ねて照射することで脱毛していきます。肌への負担が少ないため、アトピー肌や敏感肌の方にもおすすめです。

オーダーメイド脱毛とは

蓄熱式と熱破壊式の両方を使います。熱破壊式とは、高出力のレーザーを1発ずつ照射する脱毛方法です。産毛の多い箇所には蓄熱式を使ったり、ワキやVIOなどの太く濃い毛には、熱破壊式で脱毛します。

クイックとオーダーメイド 比較

違い①料金

一回の施術で比べるとオーダーメイドの方が約3万円高いですが、オーダーメイド脱毛では5箇所だけ選んで脱毛する「お好みセレクト部分脱毛」や、ワキのみ・うなじのみといった1部分のみの脱毛や、2部位のセット脱毛が可能です。

違い②効果

ポイント

 最終的な効果はほぼ同じですが、抜け落ちるスピードに違いがあります。

  • クイック脱毛の効果

低出力のレーザーを使用するため、脱毛効果が出始めるのは施術後23週間とされています。低出力だから効果がないわけではなく、照射部位にレーザーを重ねて照射するため、回数を重ねるごとにしっかりと効果を実感できます。また、メラニンの量に左右されにくいため、どんな毛質にも一定の効果があります。

  • オーダーメイド脱毛の効果

高出力レーザーで集中的に照射するため、施術直後から毛がポロポロと抜け落ちます。毛根細胞が破壊されると、毛を作ることができなくなるので、~2週間ほどで効果を実感できます。

違い③痛み

  • クイック脱毛の痛み

毛の濃いところや骨ばったところで、チクっとした痛みを感じることがあります。その他はじんわりと温かく感じる程度で、熱破壊式よりも少ない痛みで脱毛できます。

  • オーダーメイド脱毛の痛み

輪ゴムで弾かれたような痛みがありますが、照射中だけの痛みです。それでも1発ずつしか照射ができないため、ワキやVIOは、全面を打ち終わるまでに数回痛みが続きます。ただ、レベルを下げたり、麻酔を使用することで痛みを軽減できるので、無理をせずに痛みが強いことを伝えましょう。

違い④有効期限

  • クイック脱毛3年
  • オーダーメイド脱毛5年

違い⑤施術時間

  • クイック脱毛 

スライドさせながら流れるように施術を行うため、全身でも45で終了します。

  • オーダーメイド脱毛

1ショットずつ照射することや、痛みの強い部位には麻酔を使用する場合があるため、全身で1時間半かかります。

まとめ

  • クイック脱毛

  ・5回コース(※VIO・顔・うなじ・首を除く)98,000円(税込)

  ・効果が出るまでに2~3週間かかる

  ・毛の濃い箇所や骨ばった場所はチクッとした痛みを感じるが、その他はじんわりと温かさを感じる程度

  ・どんな毛質にも一定の効果がある

  ・有効期限3年

  ・施術時間約45分

  • オーダーメイド脱毛

  ・5回コース(※VIO・顔を除く)198,000円(税込)

  ・効果が出るまで1~2週間かかる

  ・照射直後から効果を実感できる

  ・輪ゴムで弾かれたような痛みがあり、毛の濃い箇所は痛みが強い

  ・有効期限5年

  ・施術時間約1時間半

クイックとオーダーメイドの違いについて説明しましたが、どちらが自分に合うかを決めるのは難しいですよね汗TCBでは無料のカウンセリングを実施しているので、まずはプロに相談してみましょう!

予約はコチラから↓



-ブログ